まずは肌に優しい洗顔料えらびから

スキンケアの基本は洗顔からです。他の化粧品でどんなに肌に気を使っていても、洗顔が適当では意味がなくなってしまいます。
最初にお話しした皮脂膜が肌から奪われていく原因の多くは、肌に合わない刺激の強すぎる洗顔料を使用し続けていることにあります。また最近の洗顔料は洗い上がりのしっとり感を売りにしているものが多いですが、肝心の顔のよごれがしっかりと落ちにくい商品も多く存在します。肌に残った汚れは、ニキビや炎症の原因になってしまいます。
敏感肌の方は、なるべく余計なものの入っていない「洗顔石鹸」を使う様にしてみて下さい。石鹸は皮膚の汚れはしっかり落としますが油分にはなじみにくく、皮脂膜は肌にちゃんと残してくれるのです。洗顔フォームの洗い上がり感に慣れていると最初は突っ張ったような感じがするかもしれませんが、それは肌の汚れがきちんと落ちた証拠です。
また、汚れをしっかり落とさなきゃ!と顔をゴシゴシ洗う方も多いようですが、敏感肌の方がゴシゴシするのはご法度です。しっかり石鹸を泡立てたら、手のひらと顔の皮膚の間で泡を転がすように優しく優しくあらいましょう。
洗顔石鹸をしっかりと泡立てて優しく洗う!というのが、敏感肌の方に最も向いている洗顔方法といわれています。思い切って石鹸に切り替えてみてはいかがでしょうか?

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る